はじめはみんな未経験

はじめはみんな未経験

さあ一歩を踏み出そう!

未経験者をプログラマにする訓練や周知活動

社会で問題となっているのは、業界による人材の偏りです。
人材不足で困っている業界がある一方で、人材余りが問題となっている業界も存在します。この問題を引き起こしている要因の一つとしては、仕事のためのスキルを身につける機会が不足していることがあります。
情報技術分野の発展と共に人材不足が課題としてある中、プログラマの人材育成のための職業訓練を推進していくことが求められます。

パソコンが普及し日常で情報端末を触ることが多い人でも、プログラミングがまだ未経験である人は多数存在します。
彼らにプログラマとして必要な知識や技術を指導することで、情報技術者としての素地を作ることができます。
学習者が皆、情報技術者としての適正を持っているとは限りません。
しかし、未経験者の中には、これからの業界を支えるような貴重な人材が見つかる可能性があります。

さらに職業訓練に合わせて、プログラミングの仕事ならではの魅力について、多くの人に知ってもらうことが大切です。
情報技術の業界の仕事では、仕事の忙しさや将来性の有無について世間一般で噂になります。
しかしその一方で、プログラミング技術者として仕事をすることに大きな魅力もあります。
情報技術の仕事の魅力の周知活動を行い、プログラムの未経験者からの業界への参入を促す力になります。
人材の不足を促して、業界の活性化を高めるための活動に、職業訓練や仕事の魅力の周知活動が有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>