はじめはみんな未経験

はじめはみんな未経験

さあ一歩を踏み出そう!

プログラマ育成による高齢者の雇用

高齢化が進む日本では、高齢者の人材をいかに社会発展のために活用するかという課題があります。
仕事の現役時代には仕事を高度にこなしていたビジネスマンも、定年退職を迎えて職場を離れると、その貴重な能力を無駄にしてしまいます。
そこで、行政や民間からの取り組みとして、高齢者雇用が積極的に行われつつあります。

また、定年退職後に新しい職場へと就くのであれば、これまでに従事してきた仕事とは分野が異なるような、新しい方面の仕事の分野にチャレンジしてみるのも有意義なことです。
たとえプログラマとしての仕事が未経験であっても、その素質を十分に持っている人はいます。

例えば、建築や製造関連の仕事に従事してきた人は、物を作る仕事を経験を重ねているうちに、論理的に物事を考えたり、複雑な課題を解決していく能力に長けています。
その実力が活かされれば、たとえプログラミングが未経験であったとしても、学習方法次第で短期間でも実力が伸びる可能性があります。
定年退職した人材の有効活用のため、プログラミング未経験者向けの訓練講座が役立ちます。

いまや高齢者でもパソコンを日頃から活用している人も多く、高齢者だからといってパソコンやプログラミングが苦手ということはありません。
高齢者が定年退職した後の新たな仕事を探すため、プログラミング指導による訓練の機会をさらに増やしていくことが、経済の発展や高齢者の生活の安定につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>